アトピーの原因

アトピー性皮膚炎を悪化させてしまう原因はさまざまです。

 

知らず知らずのうちに作ってしまっている皮膚炎を悪化させる原因には、食事や環境、生活習慣の他、石鹸やシャンプー、化粧品などの刺激も要因として挙げられます。

 

 

日常生活に潜む要因としては、ダニや花粉、カビやハウスダストなどがあり、このようなアレルゲンの多い環境下では当然アトピーの症状は悪化してしまいます。

 

 

そのためダニが住みづらいようにカーペットなどを減らしたり、こまめに部屋の掃除をしたり布団を関そうさせるなど、日常的に部屋をきれいにしておくことが大切です。

 

 

また小さい子供がアトピー性皮膚炎を患っている場合には、食事やダニなどの生活環境を整えることがとても大切です。

 

アレルギーを引き起こす原因を突き止めて、取り除くことで、精神的な原因でアトピーが悪化するようなケースを抑制することも可能となります。

 

 

アトピー性皮膚炎の対処法として、薬物による治療、スキンケア、悪化因子への対策がもっとも需要なポイントとなります。

 

アレルゲンやストレスなどによって皮膚のバリア機能が決壊した状態になっているため、炎症を抑えて症状を改善していくことが大切です。

 

 

そのためには薬物を使用した治療も重要です。

 

薬には、ステロイド薬のほか、非ステロイド性抗炎症薬、免疫抑制薬が一般的に使用されています。症状によってどの薬を使用するかどうかは異なってきます。

 

 

また外用薬と一緒に使用する場合でも薬が違ってきますから、症状のレベルにあわせた薬を処方してもらい、症状の改善を早めることが大切です。

 

 

皮膚への刺激を減らし、刺激に負けないバリア機能を持った肌にするためには、スキンケアも重要といえます。

 

人間の皮膚には、常在菌が存在しバランスよく環境を保っています。

 

 

健康な皮膚は弱酸性ですが、アトピー性皮膚炎の場合にはアルカリ性に傾きやすく、そのため殺菌力が弱まり黄色ブドウ球菌が出す毒素によって皮膚炎を悪化させてしまいます。

 

 

バリア機能が低下した皮膚には保湿が不可欠ですから、入浴後には保湿剤を塗ってケアすることも大切です。

 

またストレスによっても皮膚炎を進行させてしまうので、アレルゲンの除去以外にもストレスを軽減するようにすることも必要です。

 

 

ストレスによって自律神経や免疫機能のバランスが崩れないように、自分にあったあったストレス発散方法を見つけましょう。

 

そのほかにも皮膚炎の症状としてかゆみが挙げられますが、掻かないようにといわれていても無意識に掻きむしってしまうものです。

 

 

そのため、薬の服用とともに保冷剤やタオルなどで肌を冷やすなどして、かゆみを和らげる対策をとることも効果的です。

 

眠って居るときに無意識に掻いてしまわないように、室温を一定にキープし、爪を短くしておくこともポイントです。

 

 

即効性のある治療法はありませんが、無理をせずにゆっくりと明るい気持ちで皮膚炎と向き合い、自分にあった治療法を見つけることが大切です。