アトピー肌の保湿方法

わたしもそうですが、アトピー持ちの人はとにかく肌が乾燥しやすいです。

 

これは空気が乾燥する冬だけに限りません。湿度が高い夏だったり、梅雨の時期に顔や体がカサカサとすることもよくあることです。

 

なので春や夏になったからといって、保湿ケアを怠っては絶対にいけません。

 

ただ、人によっては春や夏になると症状がおさまる人もいますが、お風呂上りの肌ケアは忘れずにするようにしましょう。

 

日々の生活でとくに気を付けてほしいのが、朝とお風呂上りです。

 

寝ているときは布団で顔をこすりつけたり、気付かないあいだに顔や体をかきむしってる可能性があるからです。

 

朝起きたときに「なんかカサカサして痒いな・・・」っていう症状を感じる人は上記に当てはまっている証拠。もちろん冬であれば暖房を使用したり、もともと湿度が低く空気が乾燥してるので、真っ赤になっている場合もあるでしょう。

 

ですから朝起きたときは、一度しっかりと洗顔を行って皮膚科で処方された保湿剤を塗るようにしましょう。

 

あとはお風呂上りですね。

 

お風呂上りは水分が肌に残っている状態が数分続きます。このときはしっとりとした感覚があるので、痒みがあまり感じられない人もいます。

 

しかし、肌に残っている水分というのはすぐ蒸発し、皮膚に必要な水分まで奪っていきます。ですから、お風呂から上がったらできるだけ早く保湿剤を塗るようにしましょう。

 

夏場など風呂上りが暑くて汗でベタベタするようであれば、お風呂から出る前に、10度〜20度くらいの冷たい水で頭や顔、体を冷やしてください。

 

そうすると毛穴がキュッとしまり、発汗を抑える効果があるので、その瞬間にすぐ保湿するようにしてみてくださいね。

アトピー用の保湿剤を塗る前には肌を清潔に

保湿剤を塗る前は必ず洗顔やお風呂やシャワーでキレイに汚れを落としてください。

 

なぜかというと、肌が汚れてる状態で保湿剤だったり塗り薬をつけるのは逆効果だからです。

 

保湿・・という意味では効果がありますが、痒みの原因になってしまい結果として肌を掻いてしまうので、アトピーが悪化することになってしまうから。

 

仕事や学校で疲れていても、お風呂にはしっかり入ってきちんとその日の汚れを落とし(女性ならメイクや化粧)保湿クリームを塗るようにしましょう。