アトピー肌の正しい洗顔方法とは

まず最初にお伝えしておきたいのは、アトピーを悪化させないためには常に肌を清潔に保っておくことです。これは体だけでなく顔も同じです。

 

じゃあ顔の肌を常に清潔にするためには、1日の間で何度も何度も洗顔をすればよいのか?と思われるかもしれません。

 

しかし答はノーです。むしろ洗いすぎというのは、肌の奥にある水分を奪ってしまうのでアトピー持ちの人にとっては大敵なんです。

 

かといって洗顔もせずに毎日をすごすのはもっとよろしくありません。ここではアトピー症状を悪くさせずに洗顔をする方法をお伝えします。

朝の洗顔

人間は朝起きたとき、非常に肌が乾燥してるものです。これは冬場に限った話しではありません。そして寝ている間に部屋に舞っているホコリやチリが顔に付着するのです。

 

ですから、朝はどんなに忙しくても洗顔を忘れずに行うことは大切なんです。

 

しかし、ただ水でゴシゴシと洗ってはいけません。一見、汚れは落ちてるように感じますが意外に落ちきれなかった古い皮脂は残ってしまいます。

 

ですから、洗顔をする前にはしっかりと温かいお湯で皮膚を柔らかくし、汚れを落としやすい状態にもっていくことです。

 

「ああ〜顔がポカポカしてきたな」と感じるくらい温めたら、洗顔料をすこしだけ使用して洗ってください。洗うときは擦らないよう、なでる感じでクルクルと顔を洗います。

 

洗顔料が肌に残らないように、ぬるま湯でしっかりと落とします。このとき顔を刺激しないようにソッとゆっくり洗ってくださいね。

 

洗い終わったら、皮膚科で処方してもらってるステロイドや保湿剤などを忘れずに塗ってください。ただし、皮膚科で1日1回だけといわれてるような塗り薬であれば、夜塗ったほうがよいので朝は保湿剤やアトピー肌でも使える化粧水などを使いましょう。

 

夜の洗顔

夜の洗顔はできれば入浴の時間に一緒に洗うのがおすすめです。洗顔とお風呂を一緒にしないといけない・・ということではありませんが、お風呂で体を洗い、ついでに洗顔をしておけば入浴後すぐに顔や体に薬が塗れるからです。

 

それにお風呂場というのは湿気が非常に高いので、家の中ではホコリが最も少ない場所なんですね。

 

ですから入浴と洗顔を一緒に済ませて、お風呂場にて皮膚科でもらった薬などを塗ると肌にホコリや汚れが付着しにくいのです。

 

洗顔方法は朝と同じで、まずはしっかりと顔を温めて皮膚を柔らかい状態に持っていきます。繰り返しになりますが、これは顔の汚れや古い角質や皮脂を落としやすくするためです。

 

ゴシゴシと強く洗うのでなく、手を顔に当てて回す程度の感じで十分汚れは落ちます。

アトピー肌が洗顔後に行うケア

洗顔後はすぐに保湿ケアをする必要があります。皮膚科でもらった薬は、洗顔後5分以内には塗るようにしましょう。

 

そして可能であればマスクを着用し、できる限り空気中の汚れを顔につけないよう注意します。仕事の都合でどうしてもマスクの着用が無理であれば、皮膚科でもらった薬などはできるだけ薄くのばして塗ってください。

 

あまりベタベタに塗ってしまうと外に出たとき、汚れが付着しやすく痒みの原因になるからです。